ニキビあれこれ勉強室

顔の部位ごとの「ニキビの原因と対策」身体の不調がニキビに?

あなたの顔のニキビは、どこに出来ていますか?

顔にニキビが出来た場所によって、どんなことが原因か、そして健康状態の1つの目安になります。

このページを読みながら、自分の顔のどこにニキビができているのか、照らし合わせてみてくださいね。


(1)おでこに出来たニキビ


10代から20代の人で、おでこにニキビが出来た人は、洗顔料や、お風呂で洗髪した時にシャンプー液やリンス類などの洗い残し、しっかりと流しきれていないことが原因かもしれません。

または、前髪に付着した汚れが額(おでこ)に当たることにより、それがおでこに触れて炎症を起こしている可能性もあります。

30代以上の大人のおでこニキビの原因は、睡眠不足やストレス、ホルモンバランスの乱れ、胃腸系不調によるものが多いそうです。


おでこにニキビが出来て隠したいからといって、前髪をおろしたりしていると、常におでこが前髪で刺激され、余計に炎症がひどくなってしまいます。

ニキビが出来ている間は、出来る限り前髪はピンなどで留めて、おでこに髪が当たらないようにしましょう。

また洗顔料やシャンプー、リンスなどの洗い残しを防ぐために、洗顔や洗髪の後はかなり丁寧に洗い流すようにしてください。


(2)鼻まわりに出来たニキビ


鼻は皮脂分泌量が多い場所で、顔のパーツの中でも紫外線も受けやすい場所です。

そのため、お肌のターンオーバーのサイクルも乱れやすい場所でもあり、毛穴に汚れがつまりやすいので、毛穴につまった汚れや角質が原因となることも。

ストレスや疲労、生活習慣の乱れが原因となることも多いですし、肝臓や大腸の不調とも言われています。


睡眠を十分にとりニキビがあるうちは紫外線を避けて、スキンケアをしっかり行うことが大切です。

鼻はニキビが出来ていなくても、手でよく触ってしまう場所でもありますが、鼻ニキビを手で触ったりしてしまうと、手の汚れや細菌が付着して、悪化する可能性が高いです。
気になっても、手であまり触らないようにしましょう。


鼻にニキビが出来るのは"心臓"の不調とも言われていますよ。


(3)口まわりにできたニキビ


口まわりにできたニキビは、鼻と同様にストレスや疲労が蓄積しているとニキビができやすくなります。

ホルモンバランスの乱れ、さらにはビタミンが不足していたり、胃腸が弱っていたりしてもニキビの原因になりやすいです。


対処法は鼻と同様に、睡眠不足にならないように十分に睡眠をとったり、栄養のバランスが整った食事を続けてみてください。


(4)頬にできたニキビ


ほっぺたにできたニキビは、身体の冷えや便秘、乾燥、胃腸が荒れていることなどが原因と言われています。
食生活でも脂質が多かったりしていませんか?

脂質が多い食事ばかりを摂っていても、ほほにニキビが出来る原因になりますよ。


まずは食生活を見直すことから始めてください。
タバコを吸う人は、ほほにニキビができやすいとも言われているので、タバコを減らしてみるのもおすすめです。


(5)あご・首にできたニキビ


ホルモンバランスの乱れや、ストレス、冷え、乾燥、または化粧品類の洗い残しなど、あごニキビの原因はさまざまです。

あごニキビだけではありませんが、ニキビの原因は根本的にはお肌の乾燥によるものが多いですよ。


あごニキビは生理痛など、婦人科系の症状が原因になっているケースもあり、首のニキビは血行不良のサインとも言われています。

あごや首にできたニキビへの対処で一番大切なのは、ズバリ保湿です。
詳しくはこちらの顎・Uゾーンにきびのケア商品の選び方ページで解説していますので、参考にしてくださいね。




<<前の記事「大人ニキビ(あご、首など)の原因&メカニズム!「ムダ毛、細菌とその対処法」」へ
      >>次の記事「「あるコトないコト」ニキビの都市伝説を検証!」へ


●関連記事
ニキビに良い食べ物、悪い食べ物!ニキビにお勧めのレシピ
大人ニキビ(あご、首など)の原因&メカニズム!「乾燥肌とその対策」
あご・フェイスラインのニキビに集中ケア「メルライン」







デイトレーダー