ニキビあれこれ勉強室

「あるコトないコト」ニキビの都市伝説を検証!

ニキビについて世間で騒がれている噂の真相を、確かめていこうと思います。



これはツイッターなどでも試す人が続出したほど有名になりました。
なんと、「ニキビに目薬を塗ることでニキビが治った」というものです。

この噂をいろいろ調べてみたところ、どうやら「赤にきび」と「にきび跡」に目薬を塗ったところ、ニキビの赤みが消えて、ニキビが小さくなったという人がいるんです。


目薬でニキビが?
目薬とニキビなんて、どう考えても接点はなさそうですが、どうやら全くのデマでもなさそうなんです。

目薬はどんなものでも良いわけではなく、"充血を押さえるための目薬"に限ります。

やり方としては、目薬を綿棒につけ、それをニキビの赤い部分にポンポンとつけるだけです。

とっても簡単なこの方法なんですが、この目薬に含まれる充血を押さえる成分が、ニキビの赤みを押さえる効果があり、殺菌効果があったりビタミンが配合されているので、赤ニキビやニキビ跡にはぴったりの成分なんだそうです。

ただし、これはニキビ跡を消すスキンケア商品などの代用品としては使えるかもしれないですが、あくまでも自己責任なので、少しでも痛みがでたときなどは使用しない方がいいですよ。


ちなみに、2、3年前に「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんが「歯磨き粉をつけると、ニキビが治る」と言い始めて、これも一時期噂になってましたが、歯磨き粉ではニキビは治らないんだとか( ̄▽ ̄;)



これも有名なニキビの都市伝説ですが、「チョコレートを食べすぎると、ニキビができてしまう」というもの。


本当のところチョコレートを食べたからといって、ニキビの直接的な原因にはなりません。
ましてや、たくさんの量のチョコレートを食べたとしても、前日などに食べたチョコレートが、直接的にお肌のニキビへ影響しているだけではありません。

食生活を見直すことは大切ですが、チョコレートを食べてニキビができたのではなく、ニキビができやすい時にチョコレートを食べていただけ、なのかもしれませんね。



ニキビは、日焼けや日光浴をすることで改善する、という噂がありますが、これはどうでしょうか。
ニキビというものは、そもそも紫外線を浴びると悪化してしまいますので、これは「ないこと」ですね。


ちょっと日焼けすることで、ニキビの赤みが目立たなくなり、それが「良くなったかも」と感じるだけであって、良くなるどころか逆に悪化させてしまうので、気をつけてくださいね。



若いうちから高い化粧水とかばっかりお肌に与えてると、すぐに老けるって聞いたことがありませんか?

そもそも人のお肌は回復能力が備わっているため、新陳代謝を促したり、自分の力で足りないものを補おうとする働きがあります。

それが、あまりにも成分がぎっしり詰まった高価な化粧水などを若いときから使っていると、お肌にハリや弾力、保湿のための皮脂などを、肌が自ら作り出す前から化粧水によって既にお肌の上に用意されている状態になってしまいますので、肌の機能が低下していってしまうんです。


ですが逆に、もともとお肌のそういった機能が弱い人もいますので、そういった人の場合は若いうちから高価な化粧水を使い始めてもいいと思います。




<<前の記事「顔の部位ごとの「ニキビの原因と対策」身体の不調がニキビに?」へ
        >次の記事「ニキビに良い食べ物、悪い食べ物!ニキビにお勧めのレシピ」へ


●関連記事
あご・フェイスラインのニキビに集中ケア「メルライン」
顎・Uゾーンにきびのケア商品の選び方
「ニキビ跡」の種類と、発生するメカニズム







デイトレーダー