ニキビあれこれ勉強室

ニキビに良い食べ物、悪い食べ物!ニキビにお勧めのレシピ

ニキビに良いと言われる食べ物、そしてニキビに良くないと言われている食べ物を解説しています。
「どれだけ頑張って乾燥肌対策をしても、ニキビが一向によくならない・・・」なんて悩んでいる人にも、読んでもらいたいページです。

でははじめに、ニキビ対策・ニキビ予防に良い食べ物から紹介していきます。


●ニキビに良い食べ物

ニキビがよくなる、またはニキビ予防になる栄養素・食品はこちらです。



ビタミンAはお肌のターンオーバーを促して、皮膚の弾力・ハリや潤いを保つ働きをする、脂溶性ビタミンの1つです。
その他、ニキビの悪化を防いだりもしてくれるので、ニキビで悩んでいる人にはピッタリの栄養素です。

ビタミンAが含まれている食品は、鶏レバーやほうれん草、にんじん、しそ、うなぎなどがあります。
ビタミンAは、ニキビにいいからといって摂り過ぎてしまうと、過剰症になってしまうので、摂取の量には気をつけましょう。


・ビタミンAがはいったおすすめレシピは?
・レバーとほうれん草の炒め物
・レバーとほうれん草のサラダ
・レバーの唐揚げ
・レバニラ
・ほうれん草のクリームパスタ



ビタミンB2は皮脂の分泌を調整したりと、「美容ビタミン」と言われているほど、人の皮膚を正常な状態に保つ働きがあります。
ビタミンB2が足りないと、肌荒れを起こしたり口内炎になりやすかったりもします。

ニキビと共に過剰な皮脂肌に悩んでいる人は、ビタミンB2を積極的に摂った方がいいですよ。

ビタミンB2が多く含まれている食品は、うずら卵、豚レバー、乳製品、藻類などがあります。


・ビタミンB2がはいったおすすめレシピは?
・うずら卵とベーコンのフライ
・アスパラベーコン
・豚レバニラ
・豚レバー生姜焼き
・豚レバーの唐揚げ



ビタミンB6は免疫力を高めて健康な皮膚を作り出す働きをしてくれます。
ビタミンB6が不足すると、肌荒れや顔に皮膚炎を引き起こしたり、ニキビ・吹き出物などの症状が出てきます。

ビタミンB6が多く含まれている食品は、にんにく、まぐろ、酒粕、レバー、かつお、鶏ひき肉などがあります。


・ビタミンB6がはいっているおすすめレシピは?
・ガーリックバケット
・ガーリックステーキ
・まぐろ丼
・まぐろのステーキ
・鶏ひき肉の炒めもの
・かつおのたたき



ビタミンCは強い抗酸化力を持った水溶性ビタミンで、お肌にハリや弾力を与え、シミ予防などのアンチエイジングが期待されています。
皮脂分泌を調整したりもしてくれるので、ニキビ予防やニキビ対策にもいいと言われています。

ビタミンCが不足すると、お肌のハリや弾力が低下し、ストレスを感じやすくなるだけではなく、壊血病などの病気になりやすくなります。

ビタミンCが多く含まれている食品は、緑黄色野菜、果実、芋類などがあります。


・ビタミンCがはいっているおすすめレシピは?
・緑黄色野菜のソテー
・緑黄色野菜のキーマカレー
・かぼちゃと豆乳のスープ
・果実酒
・さつまいもとかぼちゃのサラダ
・大学芋
・スイートポテト



ビタミンEは「若さのビタミン」と言われるほど、アンチエイジング効果が期待されているビタミンです。
シワやたるみを防止したり、紫外線などの刺激からお肌を守る「バリア機能」もあります。

血行をよくする働きもあるので、冷えやむくみ、生理不順などに悩む人にもおすすめです。

ビタミンEが多く含まれている食品の中で、日常的に摂りやすいものは、うなぎ、いくら、モロヘイヤ、大根、かぼちゃなどがあります。

・ビタミンEがはいっているおすすめレシピは?
・うなぎの蒲焼
・いくら丼
・いくら入りカルボナーラ
・いくら入りちらし寿司
・いくらのおにぎり
・モロヘイヤのサラダ
・大根のおでん
・かぼちゃプリン
・かぼちゃの煮物


ニキビに悪い食べ物

次に、ニキビが悪化してしまう可能性のあるもの、摂らない方がいいものについてお話していきます。


合成着色料、防腐剤、保存料、化学調味料などが含まれた食品添加物は、摂取したときに体内で活性酸素を増やす働きがあります。

この活性酸素によって、ニキビを発生させたり悪化させてしまうんです。

たまになら問題ないですが、カップラーメンやファストフードなどはなるべく避けた方がいいですね。



揚げ物など油分が多いものは、皮脂量に影響してニキビの原因となってしまいます。



適度な量なら問題ないんですが、お菓子やスイーツなど甘いものは、摂りすぎると体内で分解されるときに、ニキビ予防には欠かせない「ビタミンB群」を消費してしまうんです。

そのため、甘いもの好きな人はニキビができやすいだけではなく、肌あれしやすかったり炎症を起こしやすいです。



わさびや唐辛子、タバスコなどの刺激物を摂りすぎると、皮脂をたくさん出してしまい、その皮脂によってニキビやお肌の状態が悪化してしまうことがあります。

辛いものだけではなく、熱すぎるもの、冷たすぎるものも内蔵系への負担が大きいので、これもニキビを悪化させる原因になってしまいます。


ちなみに、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、ビタミンB群の吸収を低下させてしまいますし、アルコール類も糖分を含むものが多く、飲むと皮脂腺が刺激されてしまいます。

ニキビに良くない食べ物は、どれも適度な量であれば問題ないんですが、ニキビに良い食品でさえ摂り過ぎは逆効果になります。

偏らず、バランスのいい食生活を心がけることで、ニキビの悩みを少しずつでも改善していきましょう。




<<前の記事「「あるコトないコト」ニキビの都市伝説を検証!」へ
              >>次の記事「「ニキビ跡」の種類と、発生するメカニズム」へ


●関連記事
顔の部位ごとの「ニキビの原因と対策」身体の不調がニキビに?
顎・Uゾーンにきびのケア商品の選び方
大人ニキビ(あご、首など)の原因&メカニズム!「乾燥肌とその対策」







デイトレーダー